V,エトセトラ

我合意曲



















































































































2009/05/024

日本基督教団
池袋台湾教会
   外観

礼拝堂
 内観

建築DATA

所在地 東京都豊島区
主要用途 キリスト教会・住宅
設計 建築 ネヘミヤ建築研究所
構造 コンクラ企画設計
電気 井筒慶典(桜井設計)
設備 亀山正雄(桜井設計)
監理 ネヘミヤ建築研究所
施工 株式会社加藤組
面積〔u〕 敷地面積 221.84
建築面積 153.47
延床面積 510.86
地下1階 136.28
1階 150.85
2階 58.65
3階 103.39
4階 61.69
建ぺい率 69.2%
容積率 230.3%
階数 地下1階 地上4階
寸法 最高高 13.40m
軒高 12.75m
階高 3.00m
地域地区 住居地域
準防火地域
道路幅員 5.00m
構造 RC造
設備 電気・ガス・給排水・換気・空調
非常用照明・非常警報・床暖房
外部仕上 屋根 陸屋根
タイル
開口部 アルミサッシュ
内部仕上 玄関ホール Pタイル
AEP塗
天井 AEP塗
礼拝堂 パーケットフロア
パーライト吹付
天井 パーライト吹付
フェローシップ
ホール
Pタイル
ビニルクロス
天井 岩綿吸音板
(牧師館)
LD
カーペット
クロス
天井 銘木合板

池袋台湾教会へのアクセス             

                         交通案内

                (JR) 山手線・埼京線 池袋駅下車

                (私鉄)東武東上線・西武池袋線

                (営団地下鉄)丸ノ内線・有楽町線 

                ★各線ともに池袋駅下車 西口より徒歩10分

   

         〒171−0014 東京都豊島区池袋3−62−9

          TEL : 03−5396−2540

神様に感謝し賛美します。東京台湾教会の誕生はほんとに思いかけなかったことです。ゼロからのスタートでした花が開き、実が結ぶまでにはいろいろな労苦がありました 又神様の祝福の歴史でもありました。

1925年頃約15名〜20名の留学生が毎晩7時から東中野にある顔春芳さんのご自宅に集って劉振芳さん、呉克昌さんの二人の神学生の指導のもと賛美歌の歌いと聖書の勉強をいたしました。それはイエスキリストの祝福を述べ伝える台湾教会の始まりであります。当時集られた留学生は呉主恵、翁徳操の方です。

1927年秋留学生の集会を明治学院神学部の教室を借り、毎日曜午後2時から2時30分迄祈り会、2時30分より礼拝と規則通りに行われた呼名も東京台湾キリスト教青年会と命名されました。

東京における台湾留学生達の信仰生活が続けられるかたわらお血の友好も保たれ深められた。その時の説教の責任者は袁新枝、鄭蒼国、高端荘、謝栄華、汪修文、陳明清、劉主安、呉主恵の方。その後黄主義、郭和烈、許鴻謨、高天成の方も加わり、その円に留学生の参加者が増加し、三年間を超えたときは50名を超える大集合となりました。

1934年10月郭馬西牧師が正式に本会の宗教部主事に就任され、参加者も急速に増え、2年後には100名に達し、手狭になったので、1935年新宿辺   大久保の日本キリスト教会角筈教会を借りましたが教会の建物は古くいたみも激しく使用できる状態はなく、近くの柏木教会に居を移すことになりました。その時の駐堂牧師は植村環牧師で台南長栄女中の校長でもありました。

残念なのは郭牧師が1940年辞任し、台湾に帰国されたことです。責任牧師のいない教会になりましたが日曜礼拝には日本の牧師をお招きしたり、台湾から研修に来られた牧師の協力を得て、教会活動を続けることが出来ました。

1962年劉振芳牧師を主任牧師としてお向えすることになりました。

1945年太平洋戦争も終結しましたが米軍にする大空襲のため東京は焼土と化し住む家も少なく、柏木教会も空いている時間が少なく日曜礼拝の調整も難しく、1946年には、近くの阿佐ヶ谷教会を借用することありました。翌1947年には三一教会で礼拝を行っておりましたが、1948年から1957年の期間は馬朝茂先生のご自宅を集会の場といたしました。戦後の荒廃のため多数留学生が台湾に帰国し、在日メンバーは40数名に減っていました。

1957年当時東京で研修されていた陳光輝牧師に主任牧師を依頼し、飯田橋ルーテルセンターを借り礼拝集会が行われることになりました。

1959年陳光輝牧師の研修も終わり台湾に帰国され、三年後(1962)に劉振芳牧師を再び主任牧師として向えました。

1965年台湾基督長老教会100周年の記念大会に本教会より黄万益長老、劉朱鑾長老が代表として参加し、又当会に本教会の近況を報告いたしました。

1966年蔡一信牧師が本教会の副牧師に就任されました。劉振芳牧師が1969年に主に召されたために蔡一信牧師が本教会の主任牧師に就かれました。この間台湾から研修に来られた陳希信、胡茂生、郭東輝の牧師の方の協力と得ることが出来、本教会も大いに前進し充実することが出来ました。

1971年以前よりの積立金と兄弟姉妹の特別献金で渋谷に三信マンション渋谷を購入し、自前の集会所で落ち着いたお祈りが出来るよりになりました。

1974年本教会の総会を通して日本キリスト教団に入会の申請を行い、翌年の7月22日に日本キリスト教団より承認され、教団の一員となりました。又1976年には宗教法人団体として認可されました。

1975年現在の土地を教会用地として取得し、並行して教会建築の計画を立案し、呂名傳長老を担当委員に指名し計画を積極的に全力を込めて推進しました。

1976年に着土し、翌年竣工のはこびとなりました。

1977年1月23日新会堂で献堂感謝礼拝が盛会の中で行われた参加者は120名を越える沢山の方が出席されました。建堂前は渋谷聖ヶ丘教会を6年間の長期に渡る借用礼拝でした。

1925年より種な教会借用し集会といたしてきましたが引越やら住やらを大変な時を通してきましたが自前の教会を完成することが出来ました。全て神様の賜物でした。主の栄光に感謝します。

1978年12月蔡一信牧師が辞任し渡米されました。翌年蘇慶輝牧師が就任され、教会の発展のため9年間の長期に渡り宣教活動に従事されました。

1981年5月本教会の原宿分会が発足しました。分会が原宿より代木に移りされに池袋の地に転移し、今日の池袋台湾教会の誕生となりました。その後土地を購入され、1990年7月には新献堂が完工しました。

1985年1月高円寺ホールに於いて60周年記念感謝礼拝が行われました。

1986年本教会の川越伝道所が分設され、1993年には献堂も与えられましる。

1986年2月蘇慶輝牧師が辞任し渡米、同年10月李約翰牧師が主任牧師として就任しました。

1994年12月本会の千葉支所を分設し、その前の礼拝堂を購入しました。

1977年9月李約翰牧師辞任渡米。翌年8月李孟哲牧師主任牧師が就任する。

2003年6月1日に信仰を深めるためもう一度聖書を手写しする運動を始める。

2004年4月台湾語漢字文、中国文、日本語の三種類の書き写し聖書が完成し、最速隔月全教会に於いて      運動を始める。

2004年6月に80周年記念行事の準備のため教会内の一部改装、歓迎会の活動を開始する。

2004年6月30日午後会堂に於いて黄文雄教授、林建良医師、李孟哲牧師を講師にお招きし「台湾国政治について」対話形式の講演会を開催する。

2004年9月19から20日藤野日相園に於いて、教会修養会を行う。

2005年1月9日「設教記念感謝音楽会」を東京区4台湾教会の聖歌隊と李文智()に依る詩歌の交流と4台湾教会の会員相互の親睦がはかられた。

 

 

日本キリスト教団

東京台湾教会の歴史







































あなたの御言葉は、わたしの道の光 わたしの歩みを照らす灯。(詩篇119:105)

Your word is a lamp to my feet and a light for my path. (Psalms 119:105)

教会案内


設立1981年07月05日、建堂1990年07月29日。日本基督教団東京教区北支区の教会です。説教はイヤホンでの通訳あり。中国語も同様。土曜日に一般向け台湾語教室がある。



活動紹介


日本語礼拝(教会学校礼拝)・・・・・・日曜日 午前10:30-11:00
台湾語礼拝(北京語/日本語通訳あり)・日曜日午前11:00
教会学校・・・・・・・・・・・・・日曜日 午前11:00
青年会・・・・・・・・・・・・・・・日曜日 午後1:30
婦人会・・・・・・・・・・・・・・・第二週木曜日 午前10:30第四週日曜日午後1:00
台湾語教室・・・・・・・・・・・土曜日 午後3:00



教会データ


教役者:牧師 郭寛城

設立年:1981年

28,池袋台湾教会